Clinkとは

メタボリックシンドローム


肥満症や高血圧、糖尿病等の生活習慣病はそれぞれ別の病気ではなく、内臓脂肪が蓄積した内臓脂肪型肥満が原因であることがわかってきました。
「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」とは内蔵脂肪型に加え、高血糖、高血圧、脂肪異常のうち2つ以上をあわせ持った状態をいいます。
内臓脂肪の改善には、バランスの良い食事、そして何よりも適度な運動が効果的です。
あなたもC-Linkで脂肪燃焼しましょう!!

メタボリックシンドロームの診断基準
厚生労働省の平成16年国民健康・栄養調査によると、40~74歳において、
男性の2人に1人、女性の5人に1人がメタボリックシンドロームか、その予備群であるとされています。


必須項目
内臓脂肪蓄積ウエスト周囲径
男性 ≧ 90cm女性 ≧ 90cm
(内臓脂肪面積 男女とも≧100cm2に相当)



選択項目
これらの項目のうち
2項目以上
高トリグリセライド血症
≧150mg/dL
かつ/または
低HDLコレステロール血症
< 40mg/dl
収縮期(最大)血症
≧130mg/dl
かつ/または
拡張期(最小)血症
< 85mg/dl
空腹時高血糖
< 110mg/dl

※CTスキャンなどで内臓脂肪量測定を行うことが望ましい。
※ウエスト周囲は、立ったまま軽く息をはいた状態でへそまわりを測定する。
※高トリグリセライド血症、低HDLコレステロール血症、高血圧、糖尿病に対する薬剤治療を受けている場合は、それぞれの項目に含める。