お墓での恐怖体験 その後

お墓での恐怖体験 その後

前回のブログでの通り、愛娘が若干1歳にしてスズメバチリーチにかかるという恐怖を体験した森脇です。今回は後日談。

次の日、他の親戚から、「お墓参りに行った際、凄い数の蜂がいて、危険だと思った」との電話。
蜂の巣があるのでは?駆除を頼んだ方がいいのでは?とのことになり、市の斡旋してくれた業者に駆除をお願いしました。

その翌日、、、。やっぱり!!!お墓の中に巣がありました!!!20センチくらいの大きさの、コガタスズメバチの巣だったそうです。お墓を掃除したことが、蜂を刺激してしまったのでしょうね、、、。


刺されてしまった娘の耳も、今では全く痕跡無く、本人も「蜂さん、チクっ!!」と逆の耳を触っているくらいですから、もう大丈夫!!

ですが、、、気になるのは、やっぱり2度目に刺された時などの危険性です。

1ヶ月くらい経過してから、アレルギー検査(一般の食物アレルギー検査などと同じ)を受ければ判るそうなので、その頃に検査を受けさせようと思います。

で、もし危険があるようなら「エピペン」を持っていようと思います。
「エピペン」は、アドレナリン(エピネフリン)適量が、服の上からでも簡単に自分で注射出来ちゃうペン型の注射キット。食品アレルギー等のアナフィラキシー(ショック症状)にも使えるんです。
認定医師の処方が必要ですが、菅原院長も、エピペンの処方が出来るんです♪心強い?

合宿中の選手がスズメバチに刺されたり、入院患者さんがキゥイアレルギーだったり等でエピペンの登場がたまにあるとのこと。使用期限から、1年に1回の購入が必要だったり、結構高いのですが、安心には替えられませんね♪




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です










入会のご案内・申込

入会についての詳しい内容です。
内覧金も随時開催しております。

予約フォーム

会員の方は、こちらから
スケジュールの予約が可能です。

お問合せ

分からないことや、ご質問など、
お気軽にお問合せください。
 PAGE TOP