くるまの運転ぱーと⑨

くるまの運転ぱーと⑨

お待たせしました!!!!
ぱーと⑨!!やってきました!

今回は高速道路編です。

いやー。。。

前日は、運動会を楽しみにする子供のように
別の意味でドキドキして2時間しか寝れませ
んでした。。。

めっちゃ緊張しながら教習所へ。

2人組で行ったのですが、一人が札幌から
朝里まで。私が朝里から札幌までの距離を
走行することとなりました。

とりあえず、トラックが近づかないことを祈り
ながら高速道路が始まりました。

第1走者は、80キロ以下で走行を行い、たま
に60キロ台まで下がったりと、緊張してるん
だなってことが伝わっていました。
彼は無事に何事もなく終了。

ついに私の番が!!!
緊張しながらも79、80キロを常にキープした
まま走行。カーブもスピードが出ているため
ハンドルをちょっと動かすだけ。
くるまの仕組みってすごい。

そして、順調のままパーキングエリアへ。
そこでちょっと休憩。

10分休憩も終わり、再度高速道路へ。

また少し走行していると。。。

なんと途中から合流してくるところから
トラックがこっちに向かって合流しようと
しているではないか!!!!

トラックが近づくだけでも緊張MAXなのに
合流してくるなんて聞いてません!

私:「先生!どうすれば!どうすれば!!」
先生:「シダさん、右車線に変更して。」
私:(てんぱりながら)「えー?車線変更!?」

右に車線を変更を行う。

先生「トラック追い越して左車線に戻って」
私:「えーーーーー!!!!!先生!本気ですか!?」

頑張ってちょっとスピードを上げ、
トラックを追い越したのを確認して、すぐ
左車線へ。

先生:「うん。ちょっと戻るの早いね。」
私:「・・・うぅ。緊張しすぎて。。。右手が機能してません。」

力を入れすぎていたためか、右手が軽く
痙攣をおこしていました。

高速道路での追い越しって。。。。
恐怖!!!!!

先生:「高速道路で追い越しかけるのは
稀だけどねー。」
私:(そんな軽い感じで。。。無理。)

心から先生の適当さに恐怖を感じた
瞬間でした。

高速道路での車線変更、みなさん
気をつけてください!!!

いや~今回は本当に疲れた技能でした。

もう少しで卒業検定です!!!!!!
受かるようにみなさん毎晩お祈りを!

☆シダ☆

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です










入会のご案内・申込

入会についての詳しい内容です。
内覧金も随時開催しております。

予約フォーム

会員の方は、こちらから
スケジュールの予約が可能です。

お問合せ

分からないことや、ご質問など、
お気軽にお問合せください。
 PAGE TOP