乳酸菌の種類!!

乳酸菌の種類!!

一言で乳酸菌と言っても、種類が沢山あります。

まず、乳酸菌と言葉は聞いて知っているけど、どういう働きをしているか詳しくは分からない。という方は多いと思います。乳酸菌の説明からしようと思います。

乳酸菌とは糖を分解して乳酸を生産することによってエネルギーをつくる細菌の総称です。

乳酸菌に科学の光が当てられたのは、約100年ほど前のことで、1899年乳酸菌の一つビフィズス菌が発見され、そして20世紀初め、乳酸菌が健康や老化と大きく関係があると考えられるようになりました。

ロシアの細菌学者メチニコフ博士は、ブルガリア地方の長寿の理由は乳酸菌食品と関係が深いことに着目し、長い研究を重ね、乳酸菌が腸内バランスを改善・整腸作用をもたらすことを発表し、「乳酸菌による不老長寿説」を提唱しました。
腸内の悪玉菌(有害菌・腐敗細菌)がつくる毒素によって老化が進むこと、そして、不老長寿をはかるには、腸内腐敗を防止する乳酸菌などの善玉菌の摂取が大切と指摘しました。

その後、腸内の細菌の研究は進み、今では「乳酸菌には腸内細菌のバランスを回復する整腸作用・下痢・便秘の症状改善に加えて免疫増強作用・発ガン抑制作用・コレステロール抑制作用等がある」 と言うことが常識となっています。

乳酸菌には、ビフィズス菌・ヤクルト菌・KWビフィズス菌・LG21・植物性乳酸菌・コッカス菌・L29乳酸菌・L-92乳酸菌・EF乳酸菌・ETF-2001・クレモリス菌・ラブレ菌等があります。

ここに上げただけでも12種類です。

この中で、よく聞く代表的なものがビフィズス菌だと思います?

全ての動物の腸内に生息します。人間の腸管にはB. bifidum、B. breve、B. infantis (B. longum subsp. infantis に再分類)、B. longum、B. adolescentisの5種が棲息します。

V字やY字に分岐した特徴的な形より、ラテン語で「二又の」を表すビフィドゥスbifidusという語が採用され、当初はバキルス・ビフィドゥスBacillus bifidusと呼ばれた。「ビフィズス」という名称はこのときの種形容語に由来します。

糖を分解して乳酸、酢酸を作るヘテロ乳酸菌の仲間でもあります。

近年では、善玉菌として腸内の環境を整えるほか、花粉症などアレルギー症状の緩和にも貢献していることが分かってきました。

腸内環境を整えたい!!アレルギー症状が酷くなった(涙)という方は、自分に合った乳酸菌を見つけるのは、大変なことですが、探してみるのもいいかもしれないですね(^^)


佐藤

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です










入会のご案内・申込

入会についての詳しい内容です。
内覧金も随時開催しております。

予約フォーム

会員の方は、こちらから
スケジュールの予約が可能です。

お問合せ

分からないことや、ご質問など、
お気軽にお問合せください。
 PAGE TOP