残暑・・・

残暑・・・

8月も後半に差し掛かっているのに残暑が厳しいですね(汗)

女満別では33℃を記録しましたね(・_・;)

電力の供給量も70~80%を維持していましたが、ここ数日は90%に達していますね。

C-Linkでは、引き続き行える範囲内で、節電をしていきます!!

気温が高いと、家から出るのが億劫になりやすいですが、重い腰を上げて

C-Linkで一緒にトレーニングをしませんか(^^)?

汗をかくとすっきりしますよ♪

ーーーーー話は変わります。ーーーーー

甲子園の決勝は、大阪桐蔭高校と光星学院です。

10時30分から試合開始なので、どちらが優勝するか見物ですね★

甲子園で負けてしまった高校球児は甲子園の土を持って帰られますが

持って帰った土はどうするんでしょか?

素朴な疑問ですね(笑)

持ち帰る風習はいつから始まったのでしょうか?

1937年の夏の大会で、熊本工(熊本)は決勝戦で敗れて準優勝に終わりました。

決勝戦終了後に、熊本工の川上哲治投手は甲子園の土をユニフォームのポケットに入れました。

その後、1949年の夏の大会で、小倉(福岡)が準々決勝で倉敷工(岡山)に負けた後、小倉の福島一雄投手が

甲子園の土を拾って地元に持ち帰りました。これが甲子園の土第一号とされています。

以降、高校球児たちの憧れである甲子園球場への出場の記念として、戦いに敗れた高校球児が試合後に甲子園の土を拾って持ち帰るようになったそうです★


佐藤

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です










入会のご案内・申込

入会についての詳しい内容です。
内覧金も随時開催しております。

予約フォーム

会員の方は、こちらから
スケジュールの予約が可能です。

お問合せ

分からないことや、ご質問など、
お気軽にお問合せください。
 PAGE TOP