運動を始める前の身体のチェック

運動を始める前の身体のチェック

ようやく雪が解けて春らしさが出てましたね。

運動を始めようと考えている方も多いのではないでしょうか。

まず運動を始める前に身体のセルフチェックをしてみませんか?

今回は身体の後面の柔軟性のチェック方法と動体操(ストレッチ)をご紹介します。

 

●立位前屈

両脚をそろえた状態で手のひらを床に近づけるように体を前に倒します。

このチェックでは、ふくらはぎ、太腿の裏、お尻、腰、背中の筋肉を全体的にチェックすることができます。

どこが硬いのかチェックする方法として、前屈をした時に横からの姿勢を鏡で見ていただくか、写真を撮ってもらい、姿勢をチェックします。

 

見るポイントとして

①膝が伸びているか

②骨盤が倒れているか

③腰、背中が丸くなっているか

の3つの項目で簡易的にチェックします。

 

●「正常」

P4170208
 

●「膝が曲がっている」

P4170211
 

●「骨盤が倒れていない」

P4170210
 

●「腰、背中が丸くなっていない」

P4170209
 

 

あなたの前屈はどのタイプでしたか?

チェック後に自分の身体に合わせて以下の運動(ストレッチ)を行いましょう!!

 

①膝が伸びていない場合のふくらはぎ、腿裏の動体操(ストレッチ)

【胸を張って背中を丸めないように足首を曲げ伸ばしします】

CIMG6087 CIMG6089
 

②骨盤が倒れていない場合の腿裏、おしりの動体操(ストレッチ)

【太腿を抱えて膝を曲げ伸ばしします】

CIMG0709 CIMG0708
 

【イスなどに脚を乗せ、身体を丸めないように上半身を倒します】

CIMG2206 CIMG2207
 

③腰、背中が丸くなっていない場合の動体操(ストレッチ)

【肩をすくめないように背中と腰を丸めます】

CIMG3679 CIMG3680
 

【肩甲骨の下に長めに丸めたタオルを横向きに入れて腕を交互に動かします】

CIMG3733 CIMG3734
 

前屈で硬さがあると腰を痛めてしまったり、太腿の肉離れを起こしやすくなるので

自分の身体の状態を確認し、柔軟性を下げないように動体操(ストレッチ)等のセルフケアを行っていきましょう。

 

若松

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です










入会のご案内・申込

入会についての詳しい内容です。
内覧金も随時開催しております。

予約フォーム

会員の方は、こちらから
スケジュールの予約が可能です。

お問合せ

分からないことや、ご質問など、
お気軽にお問合せください。
 PAGE TOP