除雪

除雪

みなさんこんにちは!

今シーズンの冬は早いうちから除雪が始まりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

除雪は重労働なので、嫌いな方も多いのではないでしょうか?

最近は除雪もエクササイズの一つとして取り入れられているんです。

そこでケガをしないよう、ポイントをお伝えいたします。

 

ポイント①・・・スノーダンプを活用して!

雪の量が多いときや、雪を運ぶときはスノーダンプの使用をお勧めします。

スコップよりもひねりの動作がなく、大きい力を発揮できます。

前かがみで腕の力に頼るのではなく、身体全体を雪山とダンプに近づけ、腰から前に進みましょう。

 

ポイント②・・・お腹に力を入れることが大事!!

スコップを使う際は、腕の力だけではなく脚と腰の力を使った方が効率的です。

雪を持ち上げる時は、背中を伸ばして膝を曲げた状態で雪を拾い、膝を伸ばしながら体全体で持ち上げるようにしましょう。

脊柱(せきちゅう:背骨)は直立の時が一番体重が分散され安定した状態です。

脊柱を支えているのは、お腹と背中の周りの筋肉です。

お腹の力が抜けていると、反り腰になり腰痛の原因となります。

また極端な前鏡の姿勢では脊柱にかかる荷重に偏りが生じ、ヘルニアなどの原因にもなります。

 

ポイント③・・・体の向きも変えましょう!!!

脊柱を支える腹筋や脊柱起立筋といった筋肉群は、ひねり動作に弱いと言われています。

ひねり動作を長時間続けると、筋肉が切れて痛めてします場合もあります。

いつも行う得意な方向に加え、苦手な反対方向にも投げてみてください。

すると左右対称に身体を動かすことが出来、トレーニング効果もUPします。

慣れない動きの為、雪の量は少なめにして負荷は軽めから行ってくださいね。

 

以上が雪かきのポイントとなります。

無理はしないよう、会話ができるようなニコニコペースで、休憩を挟みながら行いましょう。

身体を正しく動かして除雪もエクササイズに変えて、冬の運動不足を解消してくださいね。

 

~ご報告~

2016年12月16日(金)クロスホテル札幌にて忘年会を行いました。

この日は、会員様とスタッフ、菅原院長、可愛いサンタとトナカイが参加しました。

美味しい食事やお酒を飲みながら、一年の頑張りを称えあったり、C-Linkらしくスタッフが体を張った「〇✕クイズ」や「じゃんけん大会」を行いなが、和気あいあいとした雰囲気で開催されました。

また来年も皆様と楽しい時間を過ごせることを願っております。

 

~ご案内~

今年もやります!第2回スキー交流会!!

会員様とスタッフ、菅原院長も一緒にサッポロテイネオリンピアスキー場にて交流会を行います。

気持ちの良い青空の下、日頃のトレーニング成果を発揮しましょう!

多くの会員様のご参加をお待ちしております。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です










入会のご案内・申込

入会についての詳しい内容です。
内覧金も随時開催しております。

予約フォーム

会員の方は、こちらから
スケジュールの予約が可能です。

お問合せ

分からないことや、ご質問など、
お気軽にお問合せください。
 PAGE TOP