RICE処置

RICE処置

RICE処置という言葉を運動をしたことがある方は聞いたことがあると思います。

RICEという言葉を説明していきましょう!!

Rest・・・患部の安静。受傷直後から痛めた部位の修復作業が始まります。しかし、患部を安静にせずに動かしてしまうと、修復作業が遅くなり、完治に時間が掛かります。なので、受傷後は動かずに安静にしましょう!

Ice・・・患部の冷却。冷やすことで内出血や炎症を最小限に抑えて、痛みを軽減していきます。

Compression・・・患部の圧迫。適度な圧迫を患部に与えることで腫れや炎症をコントロールできます。

Elevation・・・患部の挙上。心臓より高い位置に上げることで患部に流れる血液の量を少なくしていきます。

アイシングは冷やしすぎてはいけません。15分?20分ぐらい冷やしていきます。(捻挫をして氷を入れたバケツに足を入れる場合は、感覚が無くなったら足をバケツから出して、感覚が戻ってきたら再度バケツに足を入れます。これを数回繰り返します。)

怪我をして早く痛みを軽減したい時にRICE処置はおすすめです!!

急性の怪我、慢性的な痛みどちらでも行えるので、是非試してみて下さい★


佐藤

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です










入会のご案内・申込

入会についての詳しい内容です。
内覧金も随時開催しております。

予約フォーム

会員の方は、こちらから
スケジュールの予約が可能です。

お問合せ

分からないことや、ご質問など、
お気軽にお問合せください。
 PAGE TOP