ブログ

イメージとパフォーマンス

平昌オリンピックまで3ヵ月を切りました。

私が練習させて頂いているカーリング場へも、ここで最終調整をして平昌入りする国の選手がいるようです。

そんな話を聞くとオリンピックが近づいているのを感じるこの頃です。

道産子選手の活躍も楽しみです。がんばれ日本!!

 

さて、今回のテーマは「イメージとパフォーマンス」

子供の運動会で久しぶりに走ることになったお父さん。

ゴール寸前で転んでしまうシーンは、面白ビデオの番組では恒例ですね(ごめんなさい)

「いや~こんなはずでなかった。」「足が上がっているつもりが、、」

こんな声が画面から聞こえてきそうです。

まさに、「イメージとパフォーマンス」が一致していない状況ですね。


フィジカルチェックの際、会員様に「腕と脚の角度を合わせて大の字になって寝て下さい」と言うことがあります。

左右のつま先や手のひらの向き等も含め、完璧にイメージ通りに「大の字」に出来る方は実はとても少ないんです。

私が「ここが正しい位置ですよ」とお伝えすると「えーーーーー!!」と驚きます。

ある会員様はを「違和感ある~」とおっしゃる方もいます。
この「イメージとパフォーマンス」のずれは、左右の筋力差、対角らせんでの筋連鎖、脊柱や骨盤の歪み

はたまた原因をたどって行くと、片方の奥歯だけで噛みしめていたなんていうこともありました。

(片方だけで噛みしめる。。。自分自身の驚きのエピソードもあります。また次の機会にじっくりと

書かせていただきますね。)

※写真はスタッフN君に「大の字」のモデルになってもらいました。手足角度、足の角度の左右差。。おしいーー!!

 

 

もし、水泳をされている方だったとしたら。。。

まっすぐ泳ぐことが出来ないのはすぐに想像がつくと思います。まっすぐ泳ごうとして無意識に代償動作が入ったり、

余計なところに力が入ったり、「泳ぐとなんか腰が痛いんだよね~」「肩が痛くなるんだよね~」なんてことにもなり兼ねないです。

 

もし、テニスやサッカー、バレーボール等の球技をされている方だったら。。。

狙いどころにボールが行かないのは、すぐに想像がつくと思います。

狙いどころを定めて帳尻を合わすと代償動作を繰り返し、結果は水泳と同じ怪我につながることもあるかもしれません。

 

自分自身の身体をイメージ通りに動かすことはとても難しいことです。

「イメージとパフォーマンス」を一致させるには、やはりトレーニングを続けていくことです。

定期的なフィジカルチェックをさせて頂き、会員様の身体に寄り添い、会員様も身体の癖を把握し、怪我予防にも努めていきたいと

思っています。

 

 

かたやま

 

ランニングの秋到来!?

北海道で一番大きなマラソン大会【北海道マラソン】が終わってしまいましたが…

今後もまだまだ大会があります!!

 

〇私のオススメする大会としては

・10月22日  札幌太平 ゼビオ10㎞走 (ランニングユナイテッドアイテム講習会もあります)

・11月3日   作.AC真駒内マラソン (フルマラソンのペース配分などを勉強する事が出来ます)

・11月12日  さっぽろさよならマラソン (札幌市内でのラストマラソン大会になります)

 

などの大会が開催予定です!!

 

マラソンといっても走る距離は大会によってバラバラで、3キロや5キロの短い距離からフルマラソン(42.195キロ)やウルトラマラソン(100キロ)などの長い距離があります

 

走り方によっては100キロ走っても身体に負担がかからない、3キロ走っただけでも身体に負担がかかってしまうぐらいランニングする上で走り方は重要になってきます!!

 

 

今回はその走り方について、簡単に説明していきたいと思います♪

 

まずは2パターンの動画を見てください。





 

2つの動画でどちらが良い走り方なのかわかりましたか?

 

 

 

正解の良い走り方は②の動画です!!!!

 

①の走りは…

・腕振りが左右で違う

・身体の軸がブレている

・地面をしっかりととらえていない

 

マラソンは長時間走るため、いかに省エネな走りをするかがポイントになってきますので

・腕振りが左右で違ったり、身体の軸がブレていたりすると無駄なエネルギー消費になる

・地面をしっかりとらえて走らないと前に対しての推進力が弱くなるので地面を押す回数が増える

などに繋がってしまいます

 

 

そこで今回は良い走りに変えていくための簡単なトレーニングをいくつかご紹介します!

1)左右の腕振りを同じにするストレッチ①


2)左右の腕振りを同じにするストレッチ②


3)身体の軸を作る&地面をとらえるようにするトレーニング①


4)身体の軸を作る&地面をとらえるようにするトレーニング②


 

今回はストレッチ2種目・トレーニング2種目お教えしましたが、他にも必要なトレーニングはたくさんありますので、マラソンしていく上で必要なトレーニングについてご存知になりたい場合はC-Linkに来館しスタッフにお聞きください

 

皆さんに合ったトレーニングをご指導させていただきます!!

 

 

中村

不便な生活、おすすめします!!

私事になりますが…。昨年の今頃、引っ越しをしました。(引っ越しといっても、元々住んでいた2世帯住宅の、世帯を入れ替えただけなのですが。)

広いクローゼットになった為、それまで背伸びして取らなくてはならなかった、棚の上段に収納していたバッグや衣類なども、全て手の届き易いところへ収納することができました!!効率を考え、毎日使う下着、靴下は、1番出し入れしやすいところへ。あまり使わないものは、屈まなければならない下の段か、背伸びしなければ届かない上の段へ。

効率が上がって、便利♪暮らしやすくなったな♪と我ながら大満足。

3ヶ月後。

寒くなってきたので、冬物を。と、上の段の衣類を取ろうと、背伸びし、手を伸ばしたところ、、。

わ!!脚がつった!!腕が上がらない!!肩が痛い!手が届かないっ!!どうして?!どうした私?! その時、瞬時には、理由が判りませんでした。

そして……。  私は、またクローゼット内の収納場所を大幅に変更したのでした。

毎日使う下着、靴下は、1番出し入れしにくい最上段へ。背伸びして、手を思い切り伸ばさなければ、手が届きません。次によく使う衣類は、屈まなければならない下の段へ。そして、あまり使わないものは、手の届きやすいところへ。

しばらくの間は、正直、ちょっと億劫に感じる部分もありましたが、何より、身体が柔らかく動き易くなった実感がありました。毎朝の背伸びは気持ち良く、1日の始まりの、とても良いウォ―ミングアップになっているな、と感じています。

毎日の、少しずつの日常動作が、動きやすい身体をつくってくれるのであれば、これを活用しないことは、とても勿体無いと思います。効率が上がって満足していたのは気持ちだけで、身体は使わないようになってしまっていたのです。

是非、今より少しだけ身体を使えるように配置換えをして、日常動作をトレーニングにしてみませんか?
不便な生活も、身体にとってはおすすめですよ!!!
                                               森脇



 

運動を始める前の身体のチェック

ようやく雪が解けて春らしさが出てましたね。

運動を始めようと考えている方も多いのではないでしょうか。

まず運動を始める前に身体のセルフチェックをしてみませんか?

今回は身体の後面の柔軟性のチェック方法と動体操(ストレッチ)をご紹介します。

 

●立位前屈

両脚をそろえた状態で手のひらを床に近づけるように体を前に倒します。

このチェックでは、ふくらはぎ、太腿の裏、お尻、腰、背中の筋肉を全体的にチェックすることができます。

どこが硬いのかチェックする方法として、前屈をした時に横からの姿勢を鏡で見ていただくか、写真を撮ってもらい、姿勢をチェックします。

 

見るポイントとして

①膝が伸びているか

②骨盤が倒れているか

③腰、背中が丸くなっているか

の3つの項目で簡易的にチェックします。

 

●「正常」

P4170208
 

●「膝が曲がっている」

P4170211
 

●「骨盤が倒れていない」

P4170210
 

●「腰、背中が丸くなっていない」

P4170209
 

 

あなたの前屈はどのタイプでしたか?

チェック後に自分の身体に合わせて以下の運動(ストレッチ)を行いましょう!!

 

①膝が伸びていない場合のふくらはぎ、腿裏の動体操(ストレッチ)

【胸を張って背中を丸めないように足首を曲げ伸ばしします】

CIMG6087 CIMG6089
 

②骨盤が倒れていない場合の腿裏、おしりの動体操(ストレッチ)

【太腿を抱えて膝を曲げ伸ばしします】

CIMG0709 CIMG0708
 

【イスなどに脚を乗せ、身体を丸めないように上半身を倒します】

CIMG2206 CIMG2207
 

③腰、背中が丸くなっていない場合の動体操(ストレッチ)

【肩をすくめないように背中と腰を丸めます】

CIMG3679 CIMG3680
 

【肩甲骨の下に長めに丸めたタオルを横向きに入れて腕を交互に動かします】

CIMG3733 CIMG3734
 

前屈で硬さがあると腰を痛めてしまったり、太腿の肉離れを起こしやすくなるので

自分の身体の状態を確認し、柔軟性を下げないように動体操(ストレッチ)等のセルフケアを行っていきましょう。

 

若松

肩甲骨 エクササイズ

こんにちは!

 

C-Linkスタッフ花輪です。

 

3月に入って気温も少し高くなり、長い冬も少しずつ終わりに近づいてきました。

先月までは、寒い日が続き、除雪も必要な日が多かったので

暖かくなってくるのはうれしいですね(^^)

前回のブログで紹介した除雪のエクササイズは実践できたでしょうか。

 

さて気温は高くなってきましたが、まだ寒い日は続きます。

みなさんの首・肩周りは寒さで冷え固まったままになっていないでしょうか。

寒い日はどうしても肩が上がり、背中が丸くなりがちです。

そのままでは、首こりや肩こりなどの身体の不調の原因になってしまいます。

 

今回はC-Linkでのトレーニングメニューから

肩甲骨のエクササイズを2つ紹介したいと思います。

肩甲骨を動かして、寒さで固まってしまった、

首・肩周りの筋肉を動かし、姿勢を正していきましょう。

 

まずは顔の前で両腕をくっつけ、上下に動かしていきます。

腕で顔を洗うようなイメージで行ってみてください!

CIMG5987  CIMG5986
今度はそこから両腕を横に開き、肩甲骨を寄せて胸を開いていきましょう!

このとき肩が上がらないように、肩を落として行いましょう。

CIMG5988CIMG5989

 

 

 

 

肩周りの筋肉を動かすと体温アップにもつながりますよ!

エクササイズについてもっと知りたい方はぜひC-Linkに足をお運びください!

 

最後にご報告

今年も企画しておりましたスキー交流会。

C-Link冬のイベントとして、会員様とスタッフでスキーを楽しみながら

交流を深める事を目的に開催しており、先月2月26日に無事終了いたしました。

 

昨年はイベント前に院長がふくらはぎを痛めてしまうハプニング、

さらにスタッフ若松は膝内側の靭帯が断裂してしまうハプニングがありましたが、

 

今年は総勢16名で誰ひとりケガをすることなく

会員様、院長、スタッフで楽しくスキーを滑り、交流することができました!

IMG_0390
写真はスタッフで下見に行ったときのものです!

(サッポロテイネハイランドロッジ前にて)

 

参加してくださったみなさんありがとうございました!!

 

 

 

 

 

入会のご案内・申込

入会についての詳しい内容です。
内覧金も随時開催しております。

予約フォーム

会員の方は、こちらから
スケジュールの予約が可能です。

お問合せ

分からないことや、ご質問など、
お気軽にお問合せください。
 PAGE TOP